話がつまらない人 とは私のこと

こんにちは!ひろさんかくです。

先日の忘年会での自分の話術の無さに落ち込みました。とにかく一人で話しすぎる。話してもらうように話題を振っても話を引き出せない。うっかり愚痴も言う。今まで『1分で話せ』伊藤羊一著や『聞く技術』阿川佐和子著とか勉強してきたのに情けない。

早速、『THE 21』1月号で話術の特集しているので読んでみた。読者による「話がつまらないと思うのはどのような話し方」の調査結果ベスト3

  1. 話がやたら長い、ダラダラ話す
  2. ネガティブなことばかり言う、愚痴が多い
  3. 自慢話や自分の話ばかりする

まさに自分。穴があったらいますぐ入りたい。

『THE 21』1月号 話が面白い人 VS. つまらない人 のポイント

人と会話を楽しむ際のポイントは『1分で話せ』や『聞く力』などで学んだことと変わりはないです。『THE 21』の「話の面白い人 VS. つまらない人の7つの違い」にそのポイントがよく整理されてますので紹介します。

  1. 会話のスタート時:まずは相手の話を聞く VS. 自分から一方的に話す
  2. 話題の選び方:相手が興味を持ちそうな話題を選ぶ VS. 自分が面白いと思う話題を選ぶ
  3. 話の組み立て:構成を考えてから話す VS. とりあえず話し始める
  4. 言葉や表現の選び方:相手によって話し方を変える VS. 誰に対しても同じように話す
  5. 緩急の付け方:変化のある話し方をする VS. 一本調子で話す
  6. 話の長さ:簡潔にわかりやすく話す VS. あれもこれも長々と話す
  7. 非言語コミュニケーション:相手を見て、息を合わせながら話す VS. あくまで自分のペースで話す

ジャパネット創業者の高田明氏

最初の30秒、1分が面白くなかったらダメ。伝えたい気持ちがあるか。難しいことをやさしく言う。「間」は次の「有」を生み出す「無」。なんのために伝えるのか。

大下容子テレビ朝日アナウンサー

ゆっくりと大きな声で丁寧に話すこと。毎日徹底した準備で本番では、他人に注意を向ける余裕を持つ。まずは相手の話を聞くこと。話す時も常に相手がどんな気持ちでそこにいるのか考える

平成ノブシコブシ吉村崇

声の大きさ。イジられる先輩になること(←ここ重要と思います)

読んで見たいと思った本

今回の特集には専門家等の貴重なお話あり、下記の本に興味を持ちました。読みたいです。

  • 『1秒で気のきいた一言が出るハリウッド流すごい会話術』渡辺龍太著
  • 『話し方で損する人得する人』五百田達成著
  • 『話さなくても相手がどんどんしゃべりだす「聞くだけ」会話術』松橋良紀著
  • 『頭のいい説明は型で決まる』犬塚壮志著
  • 『話し方は「声」で変わる』島田康祐著
  • 『雑談がうまい人 下手な人』森優子著

『THE 21』1月号 話が面白い人 VS. つまらない人 学んだこと

  • 各氏共通し「自分が話すのではなく相手に話させること」が雑談力アップのポイント → 相手の話をよく聞き、相手の関心のポイントを把握し、的確な質問をする
  • 第一印象として「声の出し方、大きさ」大切
  • 非言語コミュニケーション」の威力:ペーシング ①ボディランゲージを合わせる ②呼吸を合わせる ③声の調子を合わせる ④言葉を合わせる(オウム返し)(松橋氏)
  • 人は誰しも自分が話すのが好きで、他人の話を聞くのは嫌いです(五百田氏)
  • 特に、男性は相手の悩みと聞くと、理由、分析、解決法など論理的になりがち、女性は「そうなんだ」「うんわかる」と言う共感を大事にし、信頼得て相手に決めてもらう(五百田氏)

相手の話を聞くことが重要なのはじゅうぶん理解してましたが、自分の話す機会が消えてしまう、いったい、どこで話せばよいのだとも思ってました。雑談で、自分も気持ちよく話すためにも、相手に合わせて、まずは、気持ちよく話してもらう。結果、時間がなくて自分の話はできなくても、次に繋がるのでそれでよいと今回、しみじみ学びました。

今後の予定

「非言語コミュニケーション(相手を観察しながらの会話)」は、3週間もすれば、だんだんムリなくできるようになるそうですので、下記を取り急ぎ読んでみようと思います。

  • 『話さなくても相手がどんどんしゃべりだす「聞くだけ」会話術』松橋良紀著

印象に残るコメントが多かった五百田氏の本も読みたいです。

  • 『話し方で損する人得する人』五百田達成著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください