飛行機で見るのにピッタリ!「スマホを落としただけなのに」

こんにちは!ひろさんかくです。

予告編を見て、ずっと見たかった映画「スマホを落としただけなのに」を飛行機で見た。私は、今までiPhoneを2台なくしているが、幸い、この映画みたいな被害には会っていない。あまり私の私生活を乗っ取っても、何も楽しいことがないからなのは知っている。

スマホ被害より、普段クールな役柄が多い印象の北川景子が、どのようなひどい被害に巻き込まれるかに興味を持ったのが見た理由だ(もちろん、私はこの映画の犯人のような変態ではないことは誓っておく)。

この映画、いろいろな意味で、飛行機で見るには最適な映画のひとつかもしれない。

「スマホを落としただけなのに」感想(一部ネタバレ)

シンプルなストーリーだ。少し間抜けな彼氏がスマホを落とす。それを変質者がひろい、彼氏の彼女(北川景子)に興味を持ち、SNSのパスワードなどありとあらゆる情報を盗み。この女性に近づいていく。

10時間くらいのフライトで映画を見るときは、暇つぶし目的も多いが、時差ボケ調整に機内で寝ないために、映画を見ることもある。この映画は、テンポが良く、分かりやすく、まさに飛行機で見るために作られたかのような作品だ。

ご存知のように、機内では、食事等でフライト・アテンダントがやってきたり、少し揺れれば、機内アナウンスが入って映画が中断されたりする。スターウォーズのような一瞬たりとも気が抜けないような映画や、やけにセリフが多い映画、逆に、超退屈な映画は、飛行機で見るには向かいないような気がする。

感動モノの映画も、号泣してフライト・アテンダントに無様な泣き顔を見られるので要注意でもある。

飛行機で見る上で、この映画の良い点は、登場人物が結構、多い割には、それぞれの役柄が明確で、誰が誰か分からなくならないこともある。冒頭、書いたようにストーリーもシンプル。寝不足で複雑怪奇で難解な映画は睡眠薬のようなものだ。

それから、結構、怪しげな犯人候補が、数人仕込まれているので、自然と、誰が犯人か、推理しながら見ることになる。テンポもちょうど良い。むしろ、想像より早く、北川景子が犯人の手に落ちた感じがしたが、それは、その後、(私は意味不明と思うが)、衝撃の告白シーンのためだ。

若い刑事が、ITに詳しい。お笑いの人が刑事の上司役だ。正直、上司は、まったく特徴がない役柄なので、無名の俳優さんの方が良かったような印象を受ける。この若い刑事役の俳優は、夏目三久似?で女性のような顔立ちをしており、そこに気が取られてしまう。

犯人と似たような過去やITスキルあり、ギリギリまで犯人ではと思わせつつ、似ているからこそ、いとも簡単に犯人にたどり着く。女性のような顔立ちは、あまりストーリーに関係なかったようだ。

後半、まさかの告白場面があるが、このストーリーでここまでの大どんでん返し的な大きな秘密が必要だったのかよく分からない。よくある、整形で他人になりすました系の話だが、そんなに簡単に他人の顔になれる訳ないなど、クライマックスの場面でモヤモヤと余計なことを考えてしまう。

それから、北川景子の学生時代の女好きのどうしようもない先輩の男だ。北川景子の友達も騙して遊んでいたが、こいつは、犯罪者ではないため、野放しだったのは残念だ。できれば、会社をクビになるなど、どこかでひどい目にあうシーンを見たかった。せっかく、犯人がなりすまして、この男のひどい話を暴露したのだから。

最後に犯人役。ヘリコプターで医者を運ぶテレビドラマに出ていたが、この映画では、打って変わって、狂気ぶりが最高。ここまで気持ち悪く狂えるのは才能としか思えない。

追記:

この記事投稿後、この映画における北川景子演じる本人のなりすましの必然性を考えてみた。そもそも、メインのテーマは、スマホを落としたことによる、SNSやメールなどネット空間でのなりすまし。

一方、そのなりすましの恐怖に怯える北川景子演じる本人そのものが、友人になりすましている。友人の顔から戸籍まで、リアル世界でなりすましている。

ネットでのなりすましは怖いが、リアル世界でのなりすましは、対象を消さないといけないから、もっと、つらくて怖い話ということを伝えたかったのか。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください