ストアカ講座受講アウトプット:Webコピーライター

web copy writer

こんにちは!ひろさんかくです。

先日、ストアカで「電子書籍出版」の講座を受講した。今や、誰にでも、本(電子書籍)が出版できる時代と聞き、がぜん、やる気が出た。普段なら、猪突猛進、出版に突き進んで、あっさり失敗し後悔するのが常だが、今回は、なぜか、石橋を叩いて渡るスタイルになっている。

その講師からの紹介で、同じくストアカの別の講師の超人気講座「Web コピーライター」を受講することにした。

ストアカ講座受講アウトプット:Webコピーライター

ストアカ:Webコピーライター

ストアカで人気講師の野口真代さんの講座を受講。Webコピーライターとしてこの道10年の経験者は語る的な講座

講座内容

  • Webコピーライターとは、Web上での集客や販売が一般化
  • 反応のあるコピーを書ける人が必要
  • レスポンス広告に強いライターが少ない
  • 夢を叶えたければ、10人に言うと叶う。叶うという漢字の通り
  • 相手にとっての「価値」にするのがコピーライター
  • Google Document というアプリは優れもの。特に音声認識
  • アイディアを探す時は外で vs. 書くときは中で
  • 電子書籍で売れるには連打(つぎつぎと続編を出版)が有効
  • 最近、ブログのサイトM&Aが活発
  • タイマーで3333秒セットして集中
  • Research, Writing, Edittingは分けて行う。少なくとも編集(Editting)と、執筆(writing) は分ける
  • 4つの学習タイプ:Why, What, How, Crisis
  1. Whyは、行動より理屈・理由を知りたがる
  2. Whatは、中身
  3. Howは、方法論
  4. Crisisは、今すぐ

これに応じて、文章構成も、理由何をどのようにStep1,2,3などのステップ別今すぐCase別

  • PREP

point(結論)→Reason(理由)→Example()→Point(まとめ)

  • 売れるキャッチコピーは相手へのベネフィット
  1. 新情報
  2. 好奇心
  3. 手っ取り早く簡単な方法
  4. 天と地のギャップ
  5. 数字

最低でも、1と5入れると良い

売れたキャッチコピーはこちら:「学年ビリのギャルが1年で偏差値40上げて、慶應大学に現役合格した話」

  • 市場を「ズラす」と爆発する: 電動マッサージ機
  • 電子書籍の売れるジャンル
  1. 人間関係
  2. 健康

今日から書くための実践編ステップ別

  • ステップ1:講師のYoutube「クラウドワークス稼ぐTV」視聴し、コピーライティングを学ぶ
  • ステップ2:定期的に書く練習、「note」活用
  • ステップ3:ポートフォリオ(実績)を作る
  • ステップ4500万円の壁を越える。好き と 得意が交わるところ
  • ステップ51 ,000万円に向けて
  1. ライティング
  2. コンテンツ(電子書籍、セミナー、動画)
  3. プロデュース(コンテンツを持った人をライティングの力でプロデュース)
  • 無料か低単価でライティングの仕事を取る
  • クラウドソーシングは要注意
  • 中小企業の社長が集まるセミナーで営業
  • Twitter, Facebook、ブログのゴーストライターの仕事
  • 広告の3原則

      読まない。信じない。行動しない

→ キャッチコピーの目的は、まずは読んでもらうこと

売れる文章には型がある。型さえ身につければ誰でも書ける。クリエイティブするな。徹底的にパクれ

正直な感想

あたかも、今すぐにでも、1文字5円のライターになれるかのような講座。月収50万には、月10万文字を書く必要がある。一日3千文字強なので、できない量ではない。とにかく、テンプレートを活用し、徹底的にパクりまくれば良いそうだ。もちろん、そのための勉強は必要。甘い世界ではない。低い単価や只働きような状態も続くはず

講師は、この道10年、1千万円近く、自身の学習に投資し、著名なコピーライターにも師事。結果、ここまでの実績を作り上げたのだから尊敬に値すると思った。今は、このような講座や固定収入の仕組みも作り、毎月、海外旅行に行けており、イタリアの古い城(数億円)を買うことが目標になっている。

うらやましいか?

分からない。

結局は、ここまでの地位になるまでは、文字という世界での肉体労働の連続だったのではないか?

ライターと言うと、クリエイティブであり、自身の信念や意見やポリシーを持った確立された人物と勝手に誤解、というか神格化していたが、私がピュアすぎたのか。。

実際には、売れる、もしくは、好まれるテンプレートに沿って、徹底的にパクるのが近道。そこにクリエイティビティを求めてはいけないそうだ。効率重視。売れてなんぼの世界。

金を稼ぐということはそう言うことなので、彼女が悪いわけでは全くないが、そのような仕事に憧れるところまではいかない。講座を受講しながら、徐々にシラケる自分を止めるのが難しかった。

きっと、アイドルとかの作曲も同じで、テンプレートがあり、売れるコード進行、アレンジ、気に入られる歌詞やキャッチフレーズの塊なんだと思う。大量生産型ヒット曲。10年後には存在すら忘れられる。これが現代なのだ。

映画の世界だってそうかもしれない。

そんな中、クリエイティビティにこだわり、一から独創的な文体やテーマやストーリー展開を模索しても、つまらなければ、一行目、もしくは、キャッチフレーズの段階で、ネットの世界では別のページに飛ばれてしまうのだろう。

次のステップ

ストアカは、これで3つ目の受講。この手の副業っぽい講座は、低価格で、実際に活躍されてる方から、生の声を聞けるのがウリだ。副業には興味がないが、日々の活動をもっと充実させるために、必要な知識やスキルを身につけて行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください