「ほっこり野毛はしご酒ツアー」募集開始!

こんにちは!

昨日、野毛はしご酒ツアーのプロトタイプ(試作品)を募集開始すると予告し、本日、一人予行演習してみた。

結論から言うと、いくつかプランを書き換える必要があることが分かった。

本日の予行演習を、私の得意な実況中継スタイルで、以下、早送り⏩にて、お届けする。

日曜14:30、桜木町駅から、地下の遊歩道を通り、ぴおシティに向かう。目当ては、スライスしたレモン🍋がそびえ立つサワーで人気の「ふくふく」だ。カウンター10人弱の狭い店内。何を血迷ったか甘そうなレモンコーラハイを頼む。肴にブリ刺し。900円!

noge fukufuku

問題は2つ。スライスレモンのタワーは飲みにくい。もう一つは、初対面で、マックス4名が横一列のカウンターで打ち解けられるか?

無理だろう。ブリ刺しの鮮度には感涙したが。

次に向かったのは、野毛小径入り口に近い、立ち呑み串揚げ店「福田フライ」だ。看板もない、写真撮影も禁止の気難しい店。

15時開店と同時に8名様の団体が殺到する。影に隠れて私も入る。店員の塩対応が有名だが、串揚げはいずれもニンニクが効いて、辛くて旨い。串揚げのカツ、ワカサギ、牡蠣に、ビール小瓶で1,150円也。

問題は、塩対応だけに、ホストは、ゲストにも、お店にも気を使わないと行けない。いくらM体質の私でも、これはうれしい悲鳴過ぎるかも。

滞在時間10分ほどで、野毛エリアの奥地に向かう。

大夢は、練炭焼き立ち呑みのお店だ。メニューの充実さに、うっかり牛肉系3品と豚肉のホルモンとハマグリ浜焼きに、ジンジャーハイボールを注文する大暴走。2,310円。当日も暴走するかもしれない、危険なホルモンの品揃え。

 noge

問題は、お外で、練炭で肉やハマグリを焼くが、早食いの私でも、想像以上に時間が掛かる。

お会計と同時にストップウォッチを止める。ぴったり90分だ。

その後、呑み足りず、立ち呑みで足も疲れて、行きつけの品のある洋食とクラフトビールとシードルが楽しめる「ウエストエンド」に向かう。

毎回、店主の柔らかい接客とヌビチノ系列らしく極上のクラフトビールのラインナップに、心の底からほっこりする。この感覚を、ゲストと共有したい。珍しいクラフトビール小2杯で2千円丁度。

noge west end

と言うことで、野毛はしご酒ツアーは、型にはめず、当日のゲストの好みや天候や人の出具合などで、臨機応変に対応するアドリブ型でお届けすることが良いと判断した。

やはり、その場のライブ感を優先したい。

先ほど「ほっこり野毛はしご酒ツアー」の募集を開始しましたので、よろしくお願いします。プロトタイプとか面倒なのでやめて、最初から正式版をリリース。ただし、初回のみ特別価格での提供となります。

お申し込みは「こちら」から、よろしくお願い致します。

写真は、時間が余ったら、訪問する予定だった美空ひばり像にも行ってみた。衝撃のしょぼさ。。。世界3大がっかり銅像にランクインか?!

noge hibari
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください