ダイバーシティーにインクルージョンで大忙し

こんにちは!

私の専門外だが、人事の世界の変化がすごい。ボケっとしていると次から次へと新しい言葉が飛び出してくる。「ダイバーシティー」は有名だが、最近「インクルージョン」と言う言葉も「ダイバーシティー」とセットで頻繁に聞くようになった(私の意識が低く、最近ではなく数年前からの話)。

この話題は、過去に何度もブログ記事にしようとしたが、ことごとく、うまく書けないのでボツにしてきた。今回も面白く書ける気はしないが、頭の整理のためにも記事にしている。

これらの言葉(活動)の背景には、国連のSDGsとかESG投資などの、国や企業に対する社会課題貢献への期待が高まっていることも一因だ。この3文字を書いた瞬間に、極端につまらない話になるので、これ以上は触れない。

ダイバーシティー」と言うと、もちろん、お台場にあるシティのことではなく、職場における「多様性」の推進だ。例えば、年齢、性別、人種、宗教、障害、趣味嗜好(含む性的マイノリティ)に関係なく、働く機会を提供することだ。

日本の企業では、すぐさま、数値目標にするので、女性の管理職数を増やすことだけが目標になったりする。欧米企業では、会社の広告宣伝に、様々な人種を使うことにも気を使う。もちろん、彼らも数字は気にするし、日本の政治や企業に対し、女性管理職が少ないと指摘したりもする。

「ダイバーシティ」は分かりやすい。難しいのは「インクルージョン」だ。「ダイバーシティー」のところで揶揄した通り、多様性と言うことで、会社では、幹部達がしかめっ面で、まだまだ、女性管理職が少ないと嘆いたり、外国からの従業員を増やしたりしている。

「数を増やすだけでは不十分だ」と言うのが「インクルージョン」の狙いだ。多様性を進めた上で、職場や組織にいる誰も!が「その組織に受け入れられ、認められていると実感できる状態」のことを言うそうだ。

理想的にはその通りと思う。自分の言葉で言い換えると「インクルージョン」とは「組織の一員として、みな分け隔てなく平等に扱われ、かつ、居心地もよく、仕事に取り組める状態」のことだろうか。本当かな?この変化と競走の激しい世の中、企業にそのような余裕はあるのか?

もちろん「インクルージョン」のような状態になることは素晴らしいだろうし、大企業になればなるほど、社会に対する責任や貢献も求められる。それでも、現実の世界では、コロナ禍で売上が激減すれば、ボーナスがカットされるだけでなく、なりふり構わずリストラする企業も多い(大企業も)。

好景気の時だって、改革を続けないと企業は生き残れない。殺伐な雰囲気になりがちな職場において、いろいろなレベルの従業員が生き生きと働くには?

  • 誰もが尊敬するような社長がいるとか?
  • 誰もが満足するような福利厚生があるとか?
  • 全員仲良しとか?

人事の世界は奥が深い。私としては「インクルージョン」を推進するために、妙な数値目標が与えられることだけは避けてほしいと思う。頻繁に従業員サーベイが増えのも逆効果だろう。会社でのスマイル回数をカウントするくらいなら、0円だから良いかもしれない。

やはり、この話題は、堅苦しく、つまらない記事になる。

以下、参考編

  • SDGs:持続可能なより良い世界を目指して、2030年までに世界で達成すべき17の目標。国連が定め「各国や企業」に貢献を求めている

Sustainable Development Goals の略。 貧困、飢餓、健康、教育、男女平等、水、エネルギー、働きがいも経済成長も、技術革新、気候変動、海、陸などの環境、平和などなどありとあらゆる17の目標

  • ESG投資:環境(Environment)問題や、人権などの社会(Society)問題に取り組み、法令遵守などのガバナンス(Governance)を意識している「企業」に対し投資する運用方針

法律も守らなければ、環境も配慮せず、人権無視しているような会社には、投資しても危険なだけなので投資しないと言う当たり前のポリシー。

それが加速して、環境に悪い事業(石油系、タバコ等)に対して投資しなかったり、優等生企業(ESGのポイントが高い会社)に、優先的に投資するようにシフトしつつある。

以下、経団連の2017/5/16「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」より

2.「ダイバーシティ・インクルージョン」についての基本的考え方
「ダイバーシティ・インクルージョン」とは、多様性を受け入れ企業の活力 とする考え方である。
企業の組織活性化、イノベーションの促進、競争力の向上に向けて、まずは 女性、若者や高齢者、LGBT、外国人、障がい者等、あらゆる人材を組織に 迎え入れる「ダイバーシティ」が求められる。
その上で、あらゆる人材がその能力を最大限発揮でき、やりがいを感じられ るようにする包摂、「インクルージョン」が求められる。ダイバーシティとイン クルージョンの双方があいまって、企業活動の活力向上を図ることができる。
また、ダイバーシティ・インクルージョンの実現は、全ての従業員が自己実 現に向けて精力的に働くことのできる環境を生み、従業員一人ひとりのQOL の向上にもつながっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください