TOEICのスコアを上げる特効薬?!

TOEIC

こんにちは!ひろさんかくです。

会社で、どうやったらTOEICのスコアを上がられるか、後輩から相談があった。背景には、TOEICのスコアが基準に満たないと昇格できなくなるからだ。私のスコアが、ほぼ満点に近いので聞いてきたようだ。目的がTOEICのスコアを上げるだけなら、いくつか手があるので、私の経験をシェアすることにした。

私の場合、流暢とは正反対のズーズー弁のふがふが英語なので、TOEICという試験は真の英語力を計るというよりは、最低限の英語力を持っているか足切りするようなツールなのではないかと思っている。

使える真の英語力を上げるためには、秘策などないので、TOEIC対策に加え、地道に努力を続けるしかないと思う。

TOEICのスコアを上げる特効薬?!

TOEICスコア・アップ対策なら、以下を組み合わせることで、効果的にアップが可能だと思う。対象は、現状500〜750点から。

  • 特急シリーズ(朝日新聞出版)

特急シリーズは、文法から読解、リスニングまで10種類以上出ている。大学受験の赤本のようなものだ。このシリーズから、文法とか読解とか、まんべんなく10冊くらい選んで、それぞれ、2回繰り返せば、みるみるTOEICに対する傾向と対策が身につく。もし、3回繰り返せれば、確実にスコア・アップに貢献することは間違いない。

個人差はあると思うが、1冊を3回回すのに1ヶ月掛かるなら、10冊は10ヶ月くらいだ。繰り返しやることで、傾向と対策を身体に叩き込むことができる。

どの参考書も問題集も同じだが、1回目がきついので、そこで挫折しないため、学習の習慣化が重要だ。「特急」と言う名前の通り、1時間の特急電車で通勤しているなら、居眠りなどせず、毎日、往復2時間みっちりやれば、もっと早く身に付くはず。

クドイが、傾向と対策なので、スコアはアップするが、真の英語力、例えば、「お好み焼きの作り方を、電話(手振りなし)で3分で、英語で説明せよ」とか、急に言われても、この対策本だけでは、対応難しいはず。

TOEIC

以下のようなツールや参考書なども並行してやることを強くオススメする。英語の基礎力は、このシリーズだけでは着きにくいので。

  • CAMBRIDGE English Grammar in use

無料アプリ。文法の参考書と問題集を兼ねている。内容は基礎レベル。TOEIC対策と言うよりは、文法の基礎力確認や維持に役立つ。リンクはこちら

  • LONGMAN English Grammar

骨太の英文法書。問題は解かずに、解説だけでも繰り返し読むだけでもよいと思う

TOEIC

さらなる、テスト対策としては、これしかないだろう。

  • TOEICテスト新公式問題集

TOEICのETSが出版している。これぞ、まさに赤本。このシリーズを複数冊購入し、何回も解いた。つらいのは、TOEICの本番形式と同じなので、あの、ジリジリとするようなTOEIC試験を自宅で、タイマーをセットして行う必要がある。何の妨害もなしに。

toeic

ヒアリングについては、英語耳を得るしかない。これは、対策などなく、どれだけ真剣に聞き取ろうとした時間に比例するのではと思う。

  • TED

ヒアリングは、TEDという英語のプレゼン専門のサイトがある。アプリかYoutubeで聞くとよい。英字字幕もあるから、最初のうちは、ひたすら、英字字幕を見ながら音声を聞く

  • Speak English with Vanessa

Youtubeでは、これもおすすめ。Venessaのものすごくやさしく綺麗な英語なので、英語耳を鍛えるのに最適

これら(TED, Vennesaなど)を、毎日30分、半年続ければ、リスニングも簡単に上がってくるはずだ。英語耳を鍛えることができれば、写真問題などは、鼻歌まじりでも解けるようになる。

  • 語彙

語彙の参考書を勉強するのもよいが、いろいろな英語に触れる中で、語彙力を吸収していくこともオススメする。

まとめ

会社員で、仕事をやりながら、TOEICのスコアを500点レベルから上げていくには、短時間で楽してできるような特効薬や秘策はない。とにかく、地道に、繰り返し繰り返し、根気よく、正しい学習方法を続けるしかないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください