stand.fmに興味がある

こんにちは!

音声によるSNSは、個人のラジオ番組のようで興味があると前回お伝えした。文章で情報発信するのが好みだが、苦手な音声でも、どこまでできるのか試してみたい。

Youtube は、とんねるずの石橋氏のように芸能人がプロのスタッフを携えて参戦している。プロでなくても、Youtuberのような専門の人もいる。もともとYoutuberに興味はないけれど、競争が激しい気がする。

もしかすると、喋るだけだったら、まだ、同じ土俵には立てるかもしれないし、なんとなく、これから流行るような気がしている。

先日、TABICA(たびか)のホスト2人からも、そそのかされて以来、音声によるSNSのような stand.fmのアプリをいじくっている。このstand.fmのアプリ、音声の編集や上書きも簡単にできる。

Youtubeではないけど、チャネル開設にあたっては、テーマ特化型の方がフォロワーが増えやすいそうだ。
しかも、Live配信をするとフォロワー増に効果的だそうだ。前回も書いたが、Live配信は、時間が拘束されるからあまり好まない。ただ、stand.fmを見る限り、一度、Live配信したものも録音され、普通の録音での発信と同じようにアーカイブに並ぶようだ。

つまり、普通に投稿する音声記事に対し、ぶっつけ本番で喋ったものも記事化されると言うことのようだ。問題は、とても、Liveでスラスラと喋れるような気がしないこと。録音でも、原稿なしには場が持つような気がしない。などなど悩んでいるうちに、このブログの記事を解説を加えながら読んでみたらどうかと思い付いた。

比較的、楽しく書いている内容を楽しく喋る。劇団ひまわりとかに身を置いたことはないけれど、演技力はあると思い込んでいる。高校の学園祭で、たった一言だけの脇役で、クラス中から、演技を褒められただけなのだが。

TABICA(たびか)の体験では、たびたびゲストレビューで、声が良いとお褒めの言葉を頂いている。子供の頃から録音された自分の声を聞くと、穴があったら入りたいどころか、この世から消えてなくなりたいくらい恥ずかしく感じる。

微妙な鼻声が気持ち悪いし、変に早口だったり、滑舌が悪かったり、シラフなのに呂律が回っていなかったり、喋り方に問題があると思っている。

結局、酔った勢いで、いざ、試しに、ブログ記事での朗読っぽいことをアプリで録音してみた。やはり喋れない。自分で書いた文章なのに噛みまくる。抑揚もおかしく、つっかえつっかえになる。

朗読形式だからか、喋りも不自然極まりない。やはり朗読ではなく、少し話す内容や順番を決めて、アドリブの方が良いのかと思い始めている。
もちろん、編集する時間はないので、Live配信のように、一発録り形式が良いだろう。
Liveって聞くと、大昔、バンドでLiveをしてたから、なぜか血が騒ぐ。いっそのこと、いきなりLiveデビューしてみるか。
+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください