スカイプ英会話レッスン 中級者向け穴場?

Skype

こんにちは!ひろさんかくです。

Skype(スカイプ)英語レッスンとググると数えきれないくらいのオンライン・スクールが出てきます。オンライン・スクールと言ってもほとんどがSkypeを使った個人レッスンですが、数も多いのでどれを選べばよいか悩ましいですよね。

私も以前、フィリピンの先生に特化したスクールを申し込みましたが、教材等がそろってない印象あり、すぐにやめてしまいました(そのスクールはいまは見かけないです)。

フィリピンの先生中心のスクールではレアジョブが実績も人気もありますので、体験レッスンを試してみてもよいと思います。

DMM英会話は、教材の充実さや世界の様々な国から大量の講師陣を確保してますので、予約も取りやすく手軽に学習もしやすいので試してみてもよいと思います。私も受講経験あります。

先生は、フィリピンの先生に加え、ヨーロッパのセルビア、ボスニアなどバルカン半島の国々やアフリカ、中南米などの先生も数多くいますので、現地の文化も学べて楽しいです。

人気の先生は予約が取りにくいので、毎回のように新しい先生と自己紹介から始めないといけなくなるのは難点ですが、それだけ先生の数も多いのは強みと思います。

先生の検索で、私は、モチベーション維持(という言い訳)のため、検索条件を女性、20代とかにしてました。知らないおじさんと楽しそうに会話しているフリは結構、痛い光景でもあるので。

オンライン・スクールの料金体系は「月謝➗レッスン回数」ですので、毎日レッスンを受ければ1レッスンが割安になりますが、サボってしまい月に1回しか受けないと割高になります。

頑張ってたくさん受講する必要がありますので、レッスンを受けられる時間帯も重要です。24時間可能かフィリピんの時差に合わせた時間帯のみ可能かなど。

いずれにしても、日本のオンライン・スクールは各社のホームページで詳細が分かりますし、口コミやブログでもいろいろ生の声が聞けますので、よさそうなスクールを見つけたら無料体験レッスンをやってみるのがよいです。勢い大事です。

今回、私が紹介したいのは日本のオンライン・スクールではなく、海外の企業か組織が運営しているオンライン・スクールです。日本語のサポートはないので中級以上が対象になると思います。

LOI English

このスクールは、2009年に設立され、25人以上のプロの英語教師がそれぞれ住んでいる国からレッスンを提供しています。英語以外にスペイン語など他の言語のコースもあります。スタイルは、日本のオンライン・スクール同様に、カレンダーで空いている先生を見つけ予約。

料金は月謝制ではなく事前に複数回分のレッスンを購入。1レッスンあたり約20ドルですので、1ドル113円とすると2,300円弱になります。

少し高いと感じるかもしれないですが、ネイティブ・スピーカー(英語を母国語とする先生)からプライベートレッスンを受けられると考えるとそれほど高くはないと思います。

課題は、先生の数に限りがありますのでお気に入りの先生の予約が取りにくいことと(ここが一番の課題)、決まった教材はありませんので、先生と生徒でどのようなことを学習したいか話し合いながらレッスンを進めていくことになります。

スクールの事務局がとても親切で対応も素早いので不明点等は、無料体験レッスンを受ける際などに確認できます。

Live Lingua

こちらのスクール(と言うより組織)は、扱っている言語の数も先生も生徒も多いです。LOI Englishや日本のオンライン・スクールとは違うシステムで、家庭教師の紹介会社のようなイメージです。

こちらも最初、無料体験レッスンを受け、その先生を気に入れば専属のプライベートレッスンの先生になります。基本は週に1度のレッスンで、料金体系はLOI Englishと同じく、事前に複数回分のレッスンを購入。1レッスンあたり23ドルですので、1ドル113円とすると2,600円弱。

こちらも教材はなく、先生と生徒で話し合いながら決めていきます。先生がレッスン内容を提案してくることも多いですし、生徒からのリクエスト(もっとリスニングを強化したいとか会話を磨きたいとか)に合わせた教材やレッスン内容も、先生次第ですが相談可能。

ユニークなのは、日本の家庭教師も同じと思いますが、途中で先生を変えることができます。これは先生に直接言う必要はなく事務局に連絡するだけ。最後のレッスンで、先生からどうして変えるのと気まずい質問を受けることはあります。先生が転職や移住で変わることもあります。

注意しないといけないのは、フリートーク(教材なしで話題を決めずに気ままに話す=雑談)は、生徒よりも先生の方が楽なので、だんだんマンネリ化してくると毎回、雑談になり、寿司や日本の観光名所について延々と語ることもあります。私はこのパターンか、先生の趣味の世界の話に、ひたすら相槌の反復練習してました。

まとめ

日本のオンライン・スクールでも海外のスクールでも、大事なのは継続することと積極性と思います。生徒が受身の姿勢では、毎回、決まったレッスン内容の繰り返しになりがちです。

自分自身で弱点や課題を意識しながら、先生にレッスン内容を積極的に提案していきましょう。復習も大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください