『時が止まった部屋』遺品整理人 小島美羽著

room where time has stopped

こんにちは!ひろさんかくです。

ビジネス雑誌の後ろの方には、絶対に読まなそうな、もしくは、確実につまらなそうな本の紹介が満載なのはあるあるだと思う。面白い本はないか、常にアンテナを張り巡らしている私は、そんなビジネス雑誌の書評からも、ひょっとして掘り出し物があるかもしれないと、毎回、チェックしている。冴えない中年ブロガーの悲しい性だ。

今回、その本のタイトルの印象深さと、事故物件に興味あり、思わず手に取ってしまった(正確には、アマゾンでポチッとしてしまった)のが『時が止まった部屋』。遺品整理人である小島美羽さんが著者だ。

『時が止まった部屋』遺品整理人 小島美羽著

概要

遺品整理人である小島美羽氏が、孤独死の実態を広めるべく、悲惨な現場のミニチュアの製作を開始。その精密な、かつ、衝撃的ではあるが、直視できない実物からは、冷静に見ることができる再現性で評判となり、今回、出版となったそうだ。孤独死の現実を、誰にでも起こるのだと言うことを伝えるため。

感想

  • 音信不通の父
  • ゴミ屋敷
  • 家の中の密室:トイレ、お風呂場
  • 遺品の多い部屋
  • 壁に残された「ごめん」
  • 残されたペットたち
  • 終の棲家

どれもこれも印象的な話を、ミニチュアと共に冷静に淡々と伝える。著者は、まだ、20代。この仕事を始めたきっかけは父の突然死。両親との離婚等で亡くなった父に対し、後悔の念等がある中、遺族のためにできることはないかと、この遺品整理や特殊清掃の世界に入ったそうだ。

その仕事のタフさから、同僚が100人いれば99人が辞める世界。

本人は辞めたいとか、つらいと思ったことはないのだろうか?今回の著作では、彼女のこれまでのミニチュア作品9品のうち、8品を掲載しており、孤独死にまつわるエピソードを伝えることを中心にしている。次回作というものがあるのか分からないが、彼女がこの業界で学んだことなど、もう一弾界、個人的なことなどにも関心を持った。

今後の予定

手当たり次第に読んでるので、ジャンルにばらつきが出るが、今、読んでいるのは『The Third Door』というドキュメントものの英文原作と『HARD THING』というヘビーなビジネスもの。どちらも、いつ、読み終わるか分からない。と言うより、読み終わらないかもしれない。

room where time has stopped
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください