【オンライン読書会!】+映画もね!募集中

こんにちは!

今回も過去の回に負けず劣らず、貴重な情報満載の読書会になりました!

この会では、ゲストが持ち寄った情報や話したい話題を、うまく組み合わせて、より、実りある情報交換が出来たら最高と思っています。

あいにく、ホストのファシリテーター能力には疑問符あり、今回も、ゲストさん3名の活躍に大感謝です。

ありがとうございました。

それでは、どのような、本や映画の話題が出たか、ひとつひとつ見ていきたいと思います。

東野圭吾『白夜行』

代表作の一つ。映画化、ドラマ化も。もう一度、読もうかな。。

天童荒太『永遠の仔』

児童虐待をテーマにしたミステリー

ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』

これは、長くて濃い本なので、別の意味で泣ける本。私も推薦されるの何回目だろう。。。

→ジャレット・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄 1万3千年にわたる人類史の謎 』

サピエンスより、もう少し読みやすいらしい

→浅草神谷バーの電気ブラン。

口の中が電気で痺れるような感覚のアルコール度数が高かい飲みもの

スカイツリー繋がり?

神田桂一、菊池良『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

村上春樹風はパロディっぽくて面白い。相田みつをも出てくるとは。。しかも、本物っぽい

高橋弘樹『一秒でつかむ「見たこともないおもしろさで」最後まで飽きさせない32の技術』

バラエティ番組「家、ついて行って・・・」の仕掛人の本。

オンラインスナックやオンラインでのホストに必要なスキルかも!

垣根涼介『信長の原理』

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」2020年公開のドキュメンタリー映画

1969年の学生運動が盛んな頃の映像満載

→舩坂弘『英霊の絶叫ー玉砕島アンガウル戦記』

まるで映画の主人公のような不死身の軍人自身が書いた戦記。この本の序文を、交友ある三島由紀夫が寄稿したのでご紹介。

本編の主人公の負傷シーンは、あまりに痛そうで、これまた別の意味で泣ける可能性あり

「私の頭の中の消しゴム」2004年韓国映画

泣けるシリーズ始まる。見てみようかな。

「愛と追憶の日々」1983年米国映画

アカデミー賞等多数受賞作。珍しく見逃してるので見てみよう

「おばあさんの家」2003年韓国映画

泣けるシリーズが止まらない。設定的に泣きそうだから、スキップするか

「きみに読む物語」2004年米国映画

消しゴムからの認知症もの。大好きな「ラ・ラ・ランド」のライアンテン・ゴスリング主演なら、見るしかないか

昨日、タビカの楽しいイベントを梯子した後遺症か、私のオススメが思いつかないのは、言い訳だが、やむなく、

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』

を紹介。

15年くらい前に読んで、ものすごく衝撃を受け、しばらく落ち込んだ本。「二度と読まないつもり」とオススメ本を紹介する読書会のホストは前代未聞だし、頭が弱いのかもしれない。

ゲストさんより、ホストが泣ける本や映画で泣けないのは、あまりに「よし!泣くぞーと肩に力が入りすぎているからでは?もっと、自然体で臨むと、作品の世界にも入りやすい」と素晴らしいアドバイス頂く。

その通り過ぎて、返す言葉もない。

「そもそも、なぜ、泣ける本や映画を探しているの?」と聞かれ、その答えすら持ち合わせてないことにも、いまさら、気付く。

面白いので、営業的にも、しばらく、この路線で行ってみようと思っている。

ちなみに、読書会の過去ログはこちらから

第3回:https://tabica.jp/notes/2848

第2回:https://tabica.jp/notes/2643

第1回:https://tabica.jp/notes/2597

読書会は、土日午前中にて開催中。金土夜は、もっと、ゆるゆるの【オンライン飲み会】も開催中です。

↓ からお申し込み頂けたら嬉しいです。

https://tabica.jp/travels/20978

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください