ときには、洋楽談義も脱線する

こんにちは!

月イチ開催の【オンライン懐かしの洋楽談義】ですが、この8月も、レギュー・メンバーのゲストさんをお迎えし、無事、開催(8/2(日))です。

懐かしい洋楽の動画鑑賞も、前回より、画面共有をゲストさんにお任せし、もはや、どちらもホストのようになりつつあります。

と言うことで、ホストは動画を見ながら、好き勝手なことを語るので、とうとう、この懐かしの洋楽談義でも、激しい脱線を引き起こすことになる。

ゲストさんより、この会で、まだ、レビューしていない、とっておきの大物アーティストとして、

・マイケル・ジャクソン「スムース・クリミナル」、1987年のアルバム「バッド」からの第七弾シングル・カットの紹介。

Michael Jackson – Smooth Criminal – Bad

ちなみに、第一弾シングルは「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」らしい(知らない曲でした)。

続いて、

・ビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」!!The Beatles – A Hard Days Night

この洋楽談義で、いずれ、ディープなビートズル特集を開催しようと、密かに目論んでいるが、ゲストさんから、このタイミングでビートルズが出てくるとは?!と思い、平静を装いながら、Youtubeに表示されている

・ビー・ジーズの「ステイン・アライブ」へ、さり気なく誘導。Bee Gees – Stayin’ Alive

そこから、大いなる脱線が始まり、その後、音楽談義の世界に戻ることはなかった。

ステイン・アライブが主題歌の映画「サタデイ・ナイト・フィーバー」主演のジョン・トラボルタ繋がりで、ニコラス・ケイジとのダブル主演映画「フェイス・オフ(Face/Off)」を、その場の思いつきでオススメする。

オススメ映画つながりで、ゲストさんより、インド映画の「きっと、うまくいく(3 Idiots)」のご紹介。

(インド映画は食わず嫌いのホストだが、昨日、この3時間近い大作を見て、激しく感激してしまう!これはオススメ!)

同じく、アマゾン・プライムで見れるつながりで、ホストが、7月中、ずっと見ていた日本のドラマ「SPEC」を紹介。

(ホストが紹介する映画やドラマのレベルが高くないことはスルーして頂けると幸いです)

その後、私のリアル体験である野毛はしご酒ツアーにも絡む、野毛の楽しそうな音楽系のお店の話が止まらない。

伝説の「ジャズ喫茶ちぐさ」、ユニークな日本中のクラフトビールと80年台のイギリス系のアーティストのミュージック・ビデオが楽しめるお店「シンクロ二シティ」などなど。

ゲストさんより、「名曲・珈琲 新宿 らんぶる」のご紹介。お店でも負けるホスト。

次回以降、この【オンライン懐かしの洋楽談義】にて、とっておきのビートルズ特集を開催するかもしれないので、お楽しみに!

下の写真は、顔が濡れているように見えるポール・マッカートニーの演奏シーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください