メキシカン・パーティー: TABICA(たびか)

こんにちは!

みんなの好きを体験するシェアサービスのTABICA(たびか)で、アメリカ人新ホストの紹介が目についた。なぜなら、英語だけの自己紹介だったから。しかも、映画やテレビコマーシャルにも出ているそうだ。そして、私の大好物のメキシカン料理の体験を提供すると言うから、思わず、申し込んでしまった。

この緊急事態宣言下で、知らない人の家に行くのか?最小開催人数は2人だから無理かな?なんて、この数日、やきもきしていた。彼にも、もう1人のゲストは見つかりそうかと問いかけていた。なんてことはない、いつの間にか最小開催人数は私だけの1人に変更されていた。

よし行くか!と覚悟を決める。念のため、持ち込むものはないか問い合わせるが不要と言うので、自分用のビールだけ持参することにした。やりとりの中で、パートナーさんと一緒に住まわれていて、途中からジョインするそうだ。

たびかでも、いろいろな体験に出ているが、お料理体験は初めてだ。たびかに統合した外国人お料理教室のtadaku(ただく)っぽい体験だ。でも、ただく時代のホストさんではなく、最近、たびかに参加されているのが新鮮であり、斬新だ。

お家に着く。予定より15分早いが、途中で連絡しておいた。ちなみに彼との連絡はすべて、たびかのメッセージで、もちろん英語だ。久々にドキドキする。プロフィール写真で、ホストさんの様子はわかっている。典型的なアメリカ人のおじさんだ。同居の方の国籍は、まだ、分からない。アメリカ人と想像している。

コロナ前でも、そもそも、友人宅に行って食事するなんて記憶にない。昔、英語の先生だった、同じくアメリカ人のおじさんとは、友人関係になり、たびたび、家に行っていたが、だんだん、疎遠になってしまった。

ドアを開けると幸い?同居の方は日本人だった。一階の郵便受けでも、部屋番号が間違っていないか確認して分かっていた。だいぶ、安心。

実際の体験は、彼と一緒に、ブリトータコスナチョスで使う中身を用意することになる。

レシピ的には、レタスの細切れ、トマトの細切れ、カルディとかで売ってるサルサの瓶詰め、削ったチーズ、でかいピーマンの細切れ、玉ねぎの細切れ、アボガド、合い挽きのハンバーグ、ファット・フリーのペースト上のビーンズの缶詰、パクチー。肝心のタコスやブリトーを包むトルティーヤ(小麦粉)、ナチョス用のトルティーヤ(チップス)など。

私は、ピーマン、トマトの細切れと、チーズ卸器でチーズを削った。

トルティーヤ(小麦粉):これの大きい方はブリートー用、小さい方はタコスに使う
ナチョス用のトルティーヤ、ビーンズの缶詰、右のペースト状のものを使う。スパイスは、合い挽きハンバーグ肉と野菜等で炒める時に味付け
奥からトルティーヤチップス、合い挽きのハンバーグ肉と野菜を炒めたもの、トマト、削ったチーズ、レタス、ワカモレ(アボガド等)、ビーンズのペーストに隠し味でチーズなど入れて火を通したもの。あとは、トルティーヤで包んで食べるだけ
ピンぼけだが、ナチョス
持参したコロナビールの缶詰を3本飲み、もう食えんと思っていたら、「もう食えん」とは言うなよと冷蔵庫から、まさかのデザート。手作りのチョコレート・ファッジだそうだが、カロリー的には致死量だろう
感想

たびかの集客方法とか、体験募集ページでは綺麗な写真を使うようにアドバイスさせてもらった。たびかのノート機能も活用せよと伝える。

よく喋る人で、日本で出演している映画の話が面白かった。有名な携帯電話のCMにも出ているそうだ。驚き!

たびかに統合された外国人お料理教室のtadaku(ただく)の体験に参加したことがないので、それとの良し悪しは比較できない。ただ、好きなメキシカンとビールと英語であれこれ話せたのは楽しかった。

料理体験と言う狭いカテゴリーで評価するのではなく、メキシカン料理、彼の面白トーク、英語の総合エンタテイメントとして評価すべきと考えている。

料理のレシピをもらうのは忘れた。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください