スピリチュアル?な話の思い出

(2分半で読み終わる)

スピリチュアルとか聞いただけで、ドン引きする人もいますよね?怪しいと。

ご安心ください。最近の話ではなく、40年くらい昔の思い出話です。

小学生の頃、比較的、大家族だった(7人)。どう言うわけか、当時、家族に、次々と不幸や病気などが重なっていた。そんな中、悩んだ父親が、地元の“見える人”に鑑定してもらった。知り合いからの紹介と記憶している。

子供ながら、その世界の話は、恐いと思う反面、興味津々でもあるので、今でもはっきり覚えている。

その“見える方”は、家の間取りや、庭に生えている木の位置なども、説明する前に、スラスラと言い当てたそう。

そして、庭の物置小屋に併設されている男性用のトイレの存在を見つける。家業が、花き園芸業により、家に上がらずとも用を済ませるためのものだった。私も何回も使ったことがある。

問題は、下水道に繋がってないこと。つまり、地中に染み込ませていた。その土地の神様に触っており、至急、撤去せよとのこと。

子供ながら、まさにストンと腹落ちする説得力あるご指摘だった。もちろん、そのトイレは速やかに片付けられた。

(この方、同じ市内に住んでいるので、予約が入ってから、私の家の”市場調査”は可能だったのは事実)

その後、どうなったか?

分からない。しばらく、家の不幸は落ち着いたのかもしれない。

時は流れ、私の成人式の日、玄関の前で、見たことがないくらい、はしゃいで写真を撮っている両親。今でも、彼らの姿を思い出すと涙が出てくる。(万一、俳優になって、泣くシーンがあったら、この思い出は便利だ)

あの時のご指摘があったからこそ、2人の笑顔が見られたと、いつからか、そう思うようになっている(思い込みか、記憶が置き換わっているだけかもしれないが)。

それから、さらに月日が流れ、私が人間関係のもつれと、ちょっとした内臓の病気で、大いに悩んでいた時、適当にネットで探した人に、鑑定してもらったことがある。「実家のトイレ」のようなものがあるなら教えて欲しいと思ったから。結果、明らかな詐欺だった。

困っている人を騙すのは最低だが、例によって、私が、あらかじめ、よく調べていれば、避けられた事件だった。本当に軽率だった。

当時、友人や親とかにこの手の悩みごと相談は絶対にしなかった。恥ずかしいし、迷惑をかけたくないから。

今なら、さらっと、人に相談するかもしれない。そこに、結論を求めているのではなく、悩みを口から吐き出しているうちに、方向が見えてきたり、たとえ、見えなくても、頭が整理されたり、気が晴れることを知ったからだ。

そして今、結構、まあまあ重要な人生の岐路にに追い詰められている。いずれの選択肢も結果が見えないので決められない。だんだん、考えるのがつらくなり、後回しにしてしまう。でも、時間は止まらない。

それなら、誰かに話せばと思うが、いざ、そのタイミングになると、変なプライドやらが邪魔してできない。

ここは、”本物の見える方”に見て頂くしかないかもしれない??

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください