定食屋「まるやま」

こんにちは!ひろさんかくです。

定食屋を探すのが趣味です。できれば、和食(そもそも、和食以外に定食屋が存在するか?)の定食屋で、納豆や卵かけご飯や冷奴とかの単品もメニュー豊富で、焼き魚定食と一緒に、いくつか単品も頼めると最高です。白米は硬めに炊いてあって、味噌汁も出しが効いていれば文句なし!

のっけから脱線してますが、そんな私の定食屋を探す旅の途中で、今回、発見したのが、「お食事 まるやま」です。

「お食事 まるやま」大森

毎度、Rettyで「大森駅、定食屋」で検索すると「人気店★★ 和食」で、この店が出てきたので、お腹が空いて死にそうだったので、判断力もないので直行した。大森駅には昭和の面影が残る商店街が多いが、ここもそんなスナック、バーのネオンがゆらぐ通りの奥にあるお店。とんかつ系が人気のようだが、ダイエットに成功してから、不思議とカロリーが高いものは躊躇してしまう。悩みに悩んで、「リブロース生姜焼き」を注文。1,280円(税込み)。

林SPF豚

お店の壁に貼ってある一品一品のメニューの短冊に、「林SPF豚」という見慣れない文字が並ぶ。ネットで見ると、この店に訪れたお客さんはこれが目当ての方も多いようだ。SPFとは何の略だろう?林さん家のSuper Perfect Foodとかだったらずっこけるな。ネットでそのまま検索すると、豚特有の病原菌を排除するため、帝王切開して育てた豚のことをSPF豚と言うらしい。林はその豚の曾孫。生まれながら健康体なので、穀物中心の餌でもよく育ち、肉もくさみがなく柔らかいそうだ。

リブロース生姜焼き

うまい。たしかに柔らかい。料理の仕方が上手なのもあると思うが、きっと、この林SPF豚だからだろう。ご飯も硬めに炊かれていてうまい。みそ汁もそこそこうまい。次回は、カツカレーを頼んでしまいそうだ。とりあえず、探し求めている定食屋にドンピシャではないが、まあまあのお店に巡り会えたので、気が向いたら、ぜひとも、再訪問したい。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください