「愛がなんだ」やはり友達は大切だ

just only love

こんにちは!ひろさんかくです。

今回のアメリカ出張は羽田とサンフランシスコ間の往復。フライト時間は、往復約20時間。前回の出張では、個人的に記録に挑戦と往復で6本の映画を見たが、事前の確認不足で外れも多く、あまり映画そのものは楽しめなかった。しかも、寝ないで映画を見たので疲れ切ってしまった。今回は、バタバタのスケジュールの中だが、事前に見るべき映画をチェックしてから出張に臨んだ。

見るべき候補は、ハリウッド映画の「アラジン」「アリータ:バトルエンジェルリメンバー・ミー」、邦画の「愛がなんだ」の4本だ。もし時間があれば、何故か、名作の「E.T.」も見ておきたい。記録に挑戦など無理しない。無理しない。

とりあえず、長いフライトで眠くなってきたので、日本語字幕は疲れるから邦画の「愛がなんだ」を見ることにした。スマホを落としただけなのにの狂った演技が良かった成田凌に期待。

「愛がなんだ」やはり友達は大切だ

just only love

概要

  • 原作:直木賞作家の角田光代の同名の小説
  • 出演:テルコ役の岸井ゆきの、マモル役の成田凌、葉子役の深川麻衣、ナカハラ役の若葉竜也、すみれ役の江口のりこ
  • 監督:今泉力哉
  • 2019年、123分

あらすじ

主人公のテルコは、マモルに完全に入れあげている。マモルはテルコをのこと何とも思っていない。むしろ、いろいろ、うざいくらいの扱いだが、テルコはめげない。テルコは、マモルに入れあげた結果、会社もクビになってしまう。

テルコの親友葉子には、ナカハラがいるが、彼は、寂しさ紛れの便利な存在であるが、彼氏ではない。立場は葉子の方が常に上。

葉子は、友人であるテルコを心配し、早くマモルから去ることを諭すが、テルコには聞いてもらえない。

マモルに好きな人ができた。どう見ても万人受けするとは思えないすみれ。すみれはマモルのことは眼中にないが、お互い二人きりで会いたくないのか、テルコを間に入れる。テルコもマモルと一緒にいたいので呼ばれると行ってしまう。

葉子は、真剣に、テルコを守りたいので、マモルにまで、テルコを相手にするなと直談判までしてしまう。

すみれから、ナカハラと葉子の関係で、葉子を徹底的に責めたすみれにナカハラはブチ切れるが、本人も今の関係に疑問に思ってしまう。彼は、本気で葉子のことを思っている。彼が便利すぎるので、葉子が彼をそのように扱い、葉子を悪い人間にしてしまっていると自らを責める。

テルコも親友として、葉子にナカハラとのことを問い質すが、親友同士ながら、自身の色恋沙汰には口を出されたくないし、痛いところを疲れたので、喧嘩になってしまう。

ナカハラは葉子の元を去る。

葉子に言われて、マモルもテルコとの中途半端な関係を止めようとするが、テルコはマモルのことなど、何とも思っていないと嘘を付き、今まで通リの関係を維持しようとする。

ナカハラがいなくなり、その存在の大切さに気づいたのか、葉子は考え直す。

テルコは、マモルが思いつきで言った、動物園の飼育係になることで、マモルそのものになろうとする。

感想

この映画で、好きなキャラは、駆け出しのカメラマンであるナカハラだ。真剣に好きな人とのことを考えている真面目な好青年。次に好きなキャラは、葉子。サバサバしていて格好が良い。

逆に、嫌いなキャラは、すみれ。そもそも、不気味さがすごい。しかも、がさつで乱暴で気難しくて、近寄りたい気持ちがわからない。次は、マモル。ずるいやつ。でも、葉子のお願いは聞くなど、聞く耳は持っている人間。最後に、テルコ。親友からの真剣なアドバイスも聞かない。きっと、自分でも、マモルに依存することを止めるべきと思っているのに、止められない。誰かに入れあげている自分に酔っているのか、あきらめないと意地になっているような状態なのか、よくわからない。よくわからないので応援できない。

現代人の青春もの。恋愛もの。主人公テルコに感情移入することが困難だったので、ずっと、軽いイライラ感を持ちながら見続けた。

今後の予定

今回のフライトで、見た残りの映画の記事をアップしたい。でも、実写版「ディズニー:アラジン」の感想を書くのが億劫でしょうがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください