季節刊「ジャパン・ビア・タイムズ」冬号を読む

こんにちは!

横浜の野毛でクラフトビールのお店をフラフラ飲み歩いていると、いつのまにか手にしているのがこの雑誌「ジャパン・ビア・タイムズ」。無料なので、何度も頂いているが、いつも読まずに捨てている(かたじけない)。記事が英語と日本語の併記で文字がびっしりだから。しかも、結構、まじめな、いや、真面目過ぎる内容に見えるからだ。

今、関内のアメリカのクラフトビールが飲めるお店(アンテナアメリカ)にいる。酔った勢いで、初めて中身をじっくり見てみたので、ざっくり紹介したいと思う。

2021年「ジャパン。ビア・タイムズ」冬号

主な記事

春夏秋冬に発行されるこの雑誌の2021年冬号の記事を、以下にて紹介

Black tide Brewing

気仙沼のブラック・タイド・ブリューイング誕生の秘話

Shiokaze Brewlab

アメリカ人のクリス・プール氏はビール醸造のコンサルタント。千葉の潮風ブルーラボの代表

KAZUnori MIWA

三輪一記氏は、ベルギービールを中心としたボトルショップ兼試飲ができるバー「Kiya」(名古屋)を経営

BEER&THERE: Osaka

食い倒れの街大阪でのビールバー・ルポ。

  • 新世界の「ディレイラブリューワークス」
  • ミナミの「クラフトビアワークスカミカゼ」ブルーパブ「マルカカフェ&ビアファクトリー」「クラフトバーガー」
  • 天神商店街の箕面ビール「ビアベリー」「ベースステーション関西」「ブリューパブセンターポイント」
  • 梅田の「クラフトビアベースバド」「クラフトビアベース」ビールではなく純米にごり酒専門居酒屋「賢人」
BARLEY TO MALT: PART1

麦芽が出来るまでの連載記事

BEER STYLES: BROWN ALES

絶滅危惧種「ブラウンエール」について

BEER ROUND UP

編集後記のようなもの

広告宣伝

この雑誌には、ビール・バーだけでなく、ビール醸造メーカーやビール輸入業者の広告宣伝が多数。どちらかと言うと、ビール醸造機器の広告が目につく。もしかすると、マイクロブリュワリー(ビール醸造 兼 バー)を経営したい人向けの雑誌でもあるのかもしれない。

気になった広告は以下の通り:

  • アンテナアメリカ(オンライン、関内、横浜、品川)

アメリカのクラフトビールを、まっすぐ歩けなくなるまで飲めるお店。今も訪問中

  • 伊勢角屋麦酒 PALE ALE

英国ビール審査大会で連続金賞受賞。東京八重洲界隈の直営店の居酒屋に行ったことがある

  • 箕面ビール

第8回世界ビールコンペティション金賞受賞

  • DEVIL CRAFT(浜松町、神田、五反田、自由が丘)

なんと!あの分厚くて有名なシカゴ・ピザが食べられるお店。

お店の公式ホームページはこちら。想定以上にいろいろなクラフトビールをリーズナブルな価格で提供している。気になる!

  • Charcoal grill & Bar Green(石川町、馬車道)

クラフトビールも飲めるステーキ屋。ヨガの帰りに、ビールを求めて、思わず寄ったことがある

  • 松江ビアへるん

横浜にあるクラフトビール店チアーズのレギュラービール

感想

じっくり読むと、有益な情報が仕入れられる雑誌ということが判明した。少なくとも、食い倒れの街大阪に一週間くらい滞在したくなる。たこ焼き、お好み焼き、串揚げを満喫しながらクラフトビール屋に突撃したい!

都内にシカゴピザが食べられるお店があるのも大発見!おひとり様ではデブまっしぐらのカロリー摂取量になるかもしれないが、近々、ふらふらと訪問してしまいそうだ。

これからも野毛で、この雑誌を見かけたら、迷わず、頂いて帰ろう!

+1

2 件のコメント

  • こんにちは。アメリカのクラフトビール!いいですねぇ^^
    ジャパン・ビア・タイムズの表紙は、広重の東海道五十三次、蒲原宿を描いた「夜之雪」ですね。
    以前、浮世絵に興味を持ったあるイギリス人が、一番好きな絵だと言っていたのを思い出しました。何の知識もなかった私は、生まれて初めて浮世絵について調べることになりました。現在の静岡市にあたる蒲原宿では、このような雪は極めて稀であり、これは想像で書かれた絵であろうとされている謎の作品です。また、三人が身に着けている雨具がそれぞれ違っていて、身分の違いがあるのか?また、傘・笠・蓑の違いを説明するのに苦労したのを覚えています。
    ジャパン・ビア・タイムズが、なぜ表紙に東海道五十三次を選んだのか、とても興味深いです。
    っていうか…右の人、ビール飲んでますよね?(笑)

    0
    • ななさん
      コメントありがとうございます。
      この雑誌の表紙、なぜか、毎回、浮世絵かもしれないです。私も、ビールを飲んでいるのを見つけたので、フェイクな浮世絵と思いましたが、由緒ある作品が元になっていたとは、びっくりです!

      +1
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください