底抜け明るいR&B ヒューイ “ピアノ” スミス

こんにちは!ひろさんかくです。

先日のピーター・バラカンさんのイベント(ニューオリンズのリズム・アンド・ブルース)で、底抜けに明るくて楽しい曲に出会ったので紹介します。

「ロッキン肺炎ブギウギ流感」 ヒューイ “ピアノ” スミス

 

ヒューイ・”ピアノ”・スミ (Huey “Piano” Smith)

1934年1月26日生まれの米国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bピアニスト

1950年代より、ザ・クラウンズを率い活躍。底抜けに明るいそのサウンドは、ドクター・ジョンらニューオーリンズのミュージシャンたちにだけでなく、ロックンロールのサウンド形成にも大きく貢献

“Rockin’ Pneumonia and the Boogie Woogie Flu” ロッキン肺炎ブギウギ流感

ロック肺炎でブギウギ・インフルエンザとは、一体、なんてタイトルだろう。

1957年のデビュー曲。今から70年近く前の話。レコーディングはモノラル、一発録りだろう。たった2分なので聞いてみてほしい。

Huey “Piano” Smith / Rockin’ Pneumonia And The Boogie Woogie Flu 

ピアノ、ベース、ドラムス、ビリビリ響くようなサックス、ボーカルは本人とバックバンドの誰かとのユニゾンのようだ。

耳コピしてないけど、どう聞いても、コード2つしかないぞ!

曲の流れや雰囲気はロックンロールそのもの。何となく、初期(1960前半)のローリングストーンズにも通ずる。

こんなに明るく楽しいバンドのライブを生で見られた、当時のニューオリンズの人たちがうらやましい。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください