『50歳を超えても脳が若返る生き方』加藤俊徳著で脳が大刺激!その2

こんにちは!

『50歳を超えても脳が若返る生き方』加藤俊徳著を切り売りで紹介していく、第二弾です。いよいよ、脳の健康マニアである著者の新境地とも言える世界となる。どうぞお楽しみに!

ちなみに第一弾はこちらから。

『50歳を超えても脳が若返る生き方』加藤俊徳著で脳が大刺激!その2

第二章 8つの「脳番地」の研究

脳番地は著者が名付けた、記憶や知覚などの各機能が脳内に位置する場所のことらしい。

主な脳番地は以下の通り:①思考系、②伝達系、③運動系、④感情系、⑤理解系、⑥聴覚系、⑦視覚形、⑧記憶系など

仕事などで頻繁に使う脳番地は発達しており、使わない部分は衰える。8つの脳番地を満遍なく刺激すべき

若さを保つには③運動系と④感情系に近い位置にある感覚系(痛などみ)を刺激

ここから、段々と著者の脳の健康マニアの世界になる。

8つの脳番地の鍛え方

  • ①思考系:1つの食材で三つのメニューを考える
  • ②伝達系:相手と目を合わせて微笑む(人付き合いが苦手な場合)
  • ③運動系:両手、利き手以外も使って家事
  • ④感情系:感謝したい人の名前3人あげる
  • ⑤理解系:長く着た服を捨てる(捨てる捨てないを判断)
  • ⑥聴覚系:家族等の足音に耳を澄ませる
  • ⑦視覚形:一時間早く家を出る(別の景色が見える)
  • ⑧記憶系:一日5分、思い出の物を眺める

聴覚系を鍛える:聴く力が弱いと切れやすい。特に男性は聴覚系が衰えやすい。女性は聴覚から入った情報の記憶力高い傾向(褒めるとより良い人間関係?)

視覚系を鍛える:朝日や夕日を眺める。体内時計も調整される

記憶系を鍛える:古いアルバムを見る。自分の人生を振り返る→記憶系が刺激

脳の成長:デスクワーク、座学優先、現場には行かないというタイプは、視覚系が弱い。現場を重視することで、視覚系を成長させられる。空気が読めないなどのタイプも視覚系が未熟

伝達系も鍛えられる:歯科医から執筆や公演の仕事へ転職した人。プレゼントなど伝達系が弱かったが訓練で改善、脳の伝達系も成長

脳が老化する8つの生活習慣

  • ①イライラすることが多い
  • ②一方的に怒ることが多い
  • ③よく人の悪口を言う
  • ④自己否定しがち
  • ⑤「いまどきの若い子は」と若モノを突き放している
  • ⑥家と会社の往復するだけの毎日を過ごしている
  • ⑦妻や夫の言いなりになっている
  • ⑧昨日の食事の内容を忘れがち

特に「感情的になる」「物事をネガティブに捉える」「自分とは違う価値観を受け入れない」「自分で考える機会を持たない」という人の脳は老化しやすい。

そうならないための3つの手段とは!?

  • ①怒らない日を設けて必ず実行する
  • ②喜怒哀楽:さまざまな表情を作る練習をする
  • ③若い世代の話をじっくり聞く(関心を持つ、貪欲に)

キレる老人のメカニズム:歳をとると好奇心の欠如などで、使わない脳番地が増え、脳の機能が衰える。理解力が低下し、感情もイライラしやすくなる

脳を元気にするには?:「欲求」を持つことが重要。「未来にも希望を持つ」ことも大切 →  8つの脳番地をバランス良く刺激

感想

いよいよ、脳健康マニアの真骨頂とも言える、さまざまな脳を刺激するアドバイスがあふれてきた。

昔ながらのサラリーマンが一番危険だと思う。特に猛烈な仕事人間。下手に出世して、会社にいる間はチヤホヤ。毎日、刺激やプレッシャーのある毎日。それが、定年で、突如、遮断される。切れる老人まっしぐらだろう。

怒らない。喜怒哀楽(ニコニコがベスト)。若いとか区別しないで、新しいことにも好奇心を持つがポイントじゃないかと思う。

やはり、Clubhouseとかにも関心を持つべきなのかも!

次回(があれば)、著者のよりディープな脳の健康の世界にお連れします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください