【オンラインカラオケスナック】を企画するなら

pokekara

こんにちは!

昨夜、【オンラインスナック】に参加させて頂いた。

開始時間前、すでに全員、揃っているが、Zoomには劇場の幕のようなものが下りている。時間になると同時に、その幕が消える。すごい演出だ!が、しかし、その瞬間、恐れていた事態が起こったことに気付く。参加者5名中4名が女子。残る1名がこのおっさん。

女子のガールズトークについていけず、あれ?!このおっさん、何でいるんだっけ?みたいな扱いになるに違いない。逃げるなら今のうちだ。パソコンの画面を閉じるだけだぞとパソコンに手をかける。

いや、待てよ、自分もホストとしてあらゆるゲストと楽しい時間を過ごす必要がある。今日は、その訓練の一環と思え。まずは、冷静に状況把握だ!と頭の中で様々な想いが駆け巡ったのは、冒頭の幕が下りた直後、数秒間のことだった。

ホストは何度もお会いしたことがある、たびかの若きエース級ホストの一人。ほんわかした感じながら、間違いなく場を楽しく切り盛りしてくれるはず。女性のゲストも皆さん、話し好きそうでフレンドリーだ。そのうちの一人も、オンラインスナックのママで、ホストの進行をけなげに支援している。

このおっさんの取るべき役割は何だ?

すき間産業だ!会話が途切れたりした時、さり気なく話題を提供しよう。

その結果、在宅勤務中のおっさんのはかない生態を披露するなど、一人楽しんでしまった。他の方も楽しまれていたことを切に願う。

その会話の中で出てきたのが「オンラインスナックならカラオケがないとね」と言うことだ。早速、ゲストのスナックママが、今朝、ノートで、自身のオンラインスナックでカラオケを試行すると宣言していた。素晴らしい。アクションが早い!

その間、私は、昨夜、試したYoutubeのカラオケだけでは心許ないだろうと、いくつかのツールを探し続ける。そのひとつが、これ「ポケカラ」と言うアプリだ。

試しに、すき間繋がりで、スキマスイッチの「奏(かなで)」を歌ってみる。採点は最低レベルのD。次に、レミオロメンの「粉雪」、同じくD。ありえん!懐かしいな「壊れかけのラジオ」もあるのか、これもD!松山千春の「大空と大地の中で」!よく、こんな古いカラオケが入っているな。意外とうまく歌えた。

アプリの採点結果を待つ間、堺マチャアキのように「何点だ〜、何点!何点!何点!」と心の中で叫びながら待つ。K点超え(90点台)、SSの評価が出た。すっかり満足。

もし、私が、オンラインカラオケスナックをやるなら、参加費をマイナス表示にして、ホストがお金を払うから聞いてもらうようなスタイルしか無いかもしれない。

そんな私が、現在募集中のテーマは以下の通り。ご予約お待ちしています!

オンラインで何でも語れる会」特徴は、とにかく、ホストが聞き役に徹するので、言いたいことを何でも語れてストレス発散ができる。満足することは間違いない。誰もあなたを遮ることはない。お一人様250円也

  • 4/30(木) 11:00〜12:00:満員御礼!
  • 5/2(土) 11:00〜12:00:残り3名!
  • 5/6(水) 11:00〜12:00:残り3名!
  • 5/6(水) 21:00〜22:00:残り3名!

「オンライン読書会!」たくさん読む人も、読まない人も」特徴は、間違いなく楽しい会になる。なるに決まっている。ゲストのご意向に合わせ、当日の読書会の進行も変えることさえ可能だ。もちろん、ホストはここでも聞き役に徹することもできるし、必要に応じて、ありとあらゆるオススメ本を紹介し続けることも可能だ。

  • 5/1(金) 11:00〜12:00:残り3名!
  • 5/3(日) 11:00〜12:00:残り3名!
  • 5/4(月) 11:00〜12:00:残り3名!
  • 5/4(月) 21:00〜22:00:残り3名!
  • 5/10(日) 11:00〜12:00:残り3名!

以上、よろしくお願いします!

pokekara
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください