娯楽映画「記憶にございません!」Hit me anyone one more time

hit me anyone one more time

こんにちは!ひろさんかくです。

三谷幸喜氏の映画は「The 有頂天ホテル」が面白かった記憶がある。死にたがる西田敏行の怪演が印象的。でも、ストーリーは全く覚えていない。気軽に見れる三谷幸喜氏の映画は、長いフライトでの機内鑑賞にはもってこいだろうから「記憶にございません!」も、躊躇せず見ることにした。

娯楽映画「記憶にございません!」Hit me anyone one more time

概要

超豪華キャスト、一部は変装しており、最後のエンドロールで驚くという楽しみもある。石をぶつけられて記憶を失った超不人気総理大臣の生まれ変わりを描くコメディ映画

あらすじ

石をぶつけられた事件の後、記憶喪失となった中井貴一演じる総理大臣。どうやら、性格が、紳士で穏やかな人物に変わってしまった。ただ、誰も、彼に対し気を許さない。むしろ、気味悪がられる。最初は、総理であることを嫌がっていたが、その後、過去の自身の悪い施策などをすべて、ご破産にし、真剣に良い政治家になろうとする。その過程で、数々のドタバタ劇が繰り広げられる。

感想

楽しい映画なのに、ストーリーは、見ている瞬間からスルスルと記憶から消えてしまうような感じ。ものすごい厚化粧のアナウンサーが有働アナだったり、アメリカの日系人女性の大統領が木村佳乃だったり、コスプレのような変装が面白い。ちなみに、私は、2人とも誰なのか、最後まで分からなかった。

最初は、ツンデレな感じだった首相秘書役の小池栄子が、変わろうとする首相の一番の理解者となる。安定の佐藤浩市。安定の草刈正雄。いまいち微妙な石田ゆり子と斉藤由貴。もはや、キャラ崩壊のような吉田羊。

多彩なキャストのコミカルな演技を、リラックスして楽しむことがこの映画を見る秘訣のようだ。とりあえず、面白かった。おそらく「The 有頂天ホテル」のように、数ヶ月後、この映画もストーリーの細部まで覚えている自信はまったくない。そういう映画。

hit me anyone one more time

 

hit me anyone one more time

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください