今なら行列なし!北海道生クリームのハンバーガー屋さん「グッド・モーニング・テーブル 」横浜高島屋店

fresh cream burger

こんにちは!ひろさんかくです。

コロナ騒ぎがなければ、今ごろ、行列必至の新しいスイーツ店を発見!北海道産のミルクで作った生クリームのハンバーガー屋さん「グッド・モーニング・テーブル」。

その可愛らしいバーガーは3種類。

  • 生クリームバーガー
  • 生クリームバーガー・イチゴ
  • 生クリームバーガー・あんバター

バーガーと言っても、肉のパテではなく、生クリームをふわふわのバンズで挟んだもの。食べ始めたら、無数に食べられてしまう超軽い食感の、ある意味、危険なスイーツだ。

数ヶ月前から、横浜高島屋のデパ地下街が、そのデパ地下エリアだけでなく、横浜駅西口の地下街エリア「ジョイナス」に進出してきている。JR横浜駅西口中央から、まっすぐ進むと、上ったり降りたりしてジョイナスにたどり着くが、まさにその辺りにこのお店がある。

私の予言が正しければ、春先には、女子による行列の長さで注目を浴びる店舗になるだろう。もはや、半径数100メートル内に10店舗くらいある、飽和し切ったタピオカ店から、一気にお客をかっさらう可能性すらある。

そのポテンシャル行列必至店が、今なら、待たずに好きなだけ食べられる状態だ。

今なら行列なし!北海道生クリームのハンバーガー屋さん「グッド・モーニング・テーブル 」横浜高島屋店

概要

グッド・モーニング・テーブル(Good Morning Table)は、大阪高島屋が本店と、横浜高島屋の2店舗。チーズケーキなど小樽で人気の洋菓子店「ルタオ(Le TAO)」の株式会社ケイシイシイが運営しているそうです。

以下は、お店のホームページからの引用

「北海道産の生クリームを、おいししく食べてほしい!」そこで、私たちは隠し味にマスカルポーネを加えた北海道産生クリームに、十勝のジャージーミルクで作った濃厚なミルクジャムをサンドした”生クリームが主役のバーガー”を考えました。

すでに、3種類のバーガーをコンプリート!しているので、ひとつひとつ解説していきたい。あいにく、あんバターしか、写真を撮っていない。

生クリームバーガー

お店の宣伝の引用の通り、マスカルポーネが入っているかどうかは、私の鈍感な舌では気が付かなかったが、その生クリームに、十勝のジャージーミルクで作ったミルクジャムを乗せて、軽いふわふわのパンでくるんである。

決して、甘すぎるということはない、控えめな、ほのかな甘み。軽いので、5秒で食べられそう。うまいか?うまい。いくらでも食べられる。

生クリームバーガー・イチゴ

説明は簡単だ、最初の生クリームバーガーに、イチゴを芸術的に薄くスライスした3切れほどが、クリームの表面に張り付いたものだ。私の大好物の果実園リーベルのあまおうズコットを、ひ弱?にしたような感じ。値段的には一番高価。

うまいか?うまい。コスパ的には、イチゴでなくてもよいかもしれない。

生クリームバーガー・あんバター

下の写真のこのあんバターは、生クリームバターとは少し違うシリーズになる。生クリームの下に、十勝産かな?粒あんと、何と、その間には、北海道らしく、バターが挟まっている。リアルな、多少、塩気のあるバターだ。

うまいか?うまい。粒あんが多少甘めだが、甘さ控えめの生クリームと、塩気のあるバターとのハーモニーが楽しめる。後は、好みの問題だろう。

今後の予定

2回に分けて、3種類の生クリームバーガーをコンプリートしたが、おそらく、いや、確実に、いっぺんに3つ食べられる。デザートとして。

fresh cream burger

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください