訂正とお詫び:フェイク動画掲載

こんにちは!

先日、「ビートルズを聞いてみよう〜!」とノートに投稿した際、ジョン・レノンとフレディ・マーキュリーが共演する動画のリンクを掲載した。

どうも、嘘くさい動画なので、私の体験【オンライン懐かしの洋楽談義】でも、全力で真贋鑑定を試みていたが、謎のままだった。

いとも簡単に真実が判明したのは、野毛のあの楽しい洋楽バーでのことだった。

数少ない貴重な飲み友達との、野毛はしご酒の歴代記録更新(はしご5軒)については、今度、紹介するとして、その際、訪問した洋楽バーでのこと。

この動画の秘密が知りたくて、1971年のジョン・レノンのイマジンをフレディ・マーキュリーと共演する疑惑の動画(Youtube)をリクエストした。

バーにあるスクリーンに動画が表示された瞬間、まさに瞬殺。長年、毎晩、数多くの洋楽の珍しい動画を見ているマスターと常連のへべれけ気味の長老な常連さんが、声を揃えて「偽物だ!」と叫ぶ。日曜の朝やっている情報番組で「喝だ〜!」と叫ぶおじいさんのように。

これは、只のそっくりさんによるパロディだそうだ。しかも、長老は、1971年当時、フレディー・マーキュリーはクイーンとしてデビュー前、すでにスーパースターのジョン・レノンと共演などできる訳ないととても説得力ある説明。

顔が偽物と判別できなくても、ロックの歴史は私の趣味なのに、穴があったら入りたいくらい、赤面級のショックを受ける。その日は、あまり、堂々と曲をリクエストできなくなったことは言うまでもない。

マスターから、ジェームス・ブラウンとマイケル・ジャクソン!とプリンス!が共演する珍しい動画を教えて頂く

https://www.youtube.com/watch?v=1AhvJy6nWBY

少し、解説。1983年8月ハリウッドのビバリー・ヒルズの3蜜そうなライブハウスでのこと。ステージに立つR&Bのレジェンド、ジェームス・ブラウンが、べらべらとMCを続ける。突如、客席にマイケル・ジャクソンがいると伝え、ステージに上がるように呼びかける。

思いっ切り、いやよいやよと照れまくるマイケル・ジャクソンだが、ステージに上った瞬間、歌い出すは、これぞ、切れっ切れ!のダンスを披露。この踊りのキレ具合、人間とは思えない。客席からは驚愕とともに大喝采が起こる。

そんな中、マイケルがジェームスに耳打ちする。この辺りで、動画が、まるで盗撮画像のような怪しげな映像に切り替わる。「客席にプリンスもいる。ユー、呼んじゃいなよ」みたいな感じで伝えたに違いない。

そして、客席が大騒ぎの中、ステージに上がるプリンスは、ギターをかき鳴らす。おまけにブルース・リーみたいな姿になってマイクスタンドを使ったパフォーマンスを披露。

こんなサプライズ動画だ。もちろん、フェイクでも、偽物でも、パロディでもない本物。

そしてもう一本教えてもらったのが、セサミ・ストリートで、ビリー・ジョエルが「素顔のままで(Just The Way You Are)」をセサミのキャラクター(オスカーと言うらしい)に向かって弾き語る動画。

https://www.youtube.com/watch?v=hHC3M7KL2ns

良く聞くと、番組用に歌詞を変えている。ただ、歌とピアノは本物。常連のへべれけ長老によると小さい子に英語を学んでもらうように、セサミ・ストリートには、他にも多数、有名人が出ているそうだ。知らなかった!

まだまだ、修行が足りないと自覚するとともに、週一回は、洋楽バーに予習復習に通おうと誓う夜でもあった。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください