ソフトロックとは?!「ブレッド(Bread)」

(読むだけなら2分)

こんにちは!

野毛の洋楽バーのマスターから、これ渋いよと、最近、教えてもらったのが「ブレッド(Bread)」。

1969年にLAで結成されたソフト・ロック・バンドだそうだ。ソフト・ロックとは何だ?ハード・ロックの逆だな。つまり、ギターはギンギン唸らないし、ヴォーカルも間違ってもシャウトなどしない。曲のテンポもまったりバラードが多い。なるほど、比較的、苦手なジャンルかもしれない。

このバンドは、デヴィッド・ゲイツ(David Gates)とジェイムス・グリフィン(James Griffin)の二人ボーカルがメイン。デビュー当時は、もう一人、ロブ・ロイヤー(Robb Royer)も入れて3人でデビュー。面白いのが、彼ら、ギター、ベース、ボーカル、キーボードとマルチ・ミュージシャンだったようだ。デビュー後、正式なドラマーであるマイク・ボッツ(Mike Botts)が加入。

☆はマスターから紹介された曲

1.「Bread」デビュー・アルバム:1969年リリース

アルバムは、さっぱり売れなかったみたいだが「Dismal Day(灰色の朝)」が日本では大ヒット、「It Don’t Matter To Me」もシングル・カット

2.「On The Waters」:1970年リリース

全米12位まで売れる。シングル「Make It With You(二人の架け橋)」が全米No.1!

3.「Manna」:1971年リリース

全米21位、☆「If」が大ヒット、「Let Your Love Go(恋をすてよう)」がシングル・カット、☆「Truckin’」はB面?

4.「Baby I’m-A Want You」:1972年リリース

全米3位のヒット、1973年のグラミー賞ベスト・エンジニア・レコーディング部門にノミネート

Mother Freedom」、☆「Baby I’m-A Want You(愛の分かれ道)」、☆「Everything I Own(涙の想い出)」「Diary」がシングル・カット

5. 「Guitar Man」:1973年リリース

The Guitar Man」「Sweet Surrender」「Aubrey」がシングル・カット

ベストアルバム?☆「アンソロジー・オブ・ブレッド」はAmazon musicでは見つからず。。以下は、お店で撮らせてもらったジャケットの写真

感想

あいにく、まだまだ、消化不良です。どの曲がオススメか、後ほど、アップデートします。

12/17/2020 追記:三曲選ぶとしたら、以下の通り。

  • 「If」
  • 「Everything I Own」
  • 「The Guitar Man」

時代背景もあって、この手の静かな音楽が好まれるのかな。アルバムよりは、ライブの方が良さそう。

解散の裏話

1973年、5枚目のアルバムを出した後、ライブツアー直前に解散。ロックバンドあるあるの2人ボーカルの選曲の偏りによる人間関係悪化、ライブツアーとレコーディングの繰り返しによる疲弊。

さらには、ツアー直前に、あろうことか演奏用の機材が楽器も含め、一式盗難。その直後、解散を発表。

 

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください