関内の南インドカレーのお店でビリヤニ「ボディ・セナ」

bodhi sena 2

こんにちは!ひろさんかくです。

南インドカレー店と言えば、八重洲にある有名店「ダバ・インディア」、大森で朝だけやってる渋いお店「ケララの風」、そして地元の「ボーディ・セナ」関内と制覇してきた。「ダバ・インディア」と「ボーディ・セナ」ではミールスを頂いた。

複数のカレーやスープをお好みで組み合わせて、ライスやナン風のパンと食べるのがミールスだ。前回、「ボーディ・セナ」に来たときに、聞き慣れないビリヤニというメニューを聞いたので、今回、チェレンジしてみた。南インドカレーの炊き込みご飯風のカレーだそうだ。

関内の南インドカレーのお店でビリヤニ「ボディ・セナ」

ビリヤニとは?

wikipediaより

ビリヤニビリヤーニーBiryanibirianiもしくはberiani)は、インド亜大陸ムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理である。スパイス(通常バスマティ米)、野菜などから作る米料理である。

何を頼んだ?

お店の前の小さい黒板のメニューの通り、アンダーダム(卵)・ビリヤニを注文!ビリヤニは、いつも、最初に売り切れる人気メニューだそうだ。

左は、ヨーグルト風スープに野菜、右がマトンのひき肉のカレー

感想

見た目も、食べてみても、比較的、ライスが多いので、だいぶ、お腹は一杯になる。先日食べた、ミールスと比べると、食べやすい。好みとしては、5種類のカレーやスープが楽しめるミールスの方が楽しいような気がする。今日は、ゆで卵がごろっと入ったビリヤニだが、毎日、メニューが変わるそうなので、次回、訪問した時は、ミールスとビリヤニで激しく悩むのは間違いない。

bodhi sena 2bodhi sena 2bodhi sena 2
+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください