大人の野毛はしご酒ツアー(夜呑み・マリアージュ)

こんにちは!

先日、「ほっこり野毛はしご酒ツアー(週末・昼飲み)」の募集を開始したのも束の間、もっと大人でムーディーな夜呑み編も水面下で企画している。その名も「大人の野毛はしご酒ツアー(夜呑み・マリアージュ)」だ。

早速、その企画書をお届けする。

体験できること

(1)コンセプト:「ハラハラ・ドキドキ・マリアージュ」

野毛のワイルドだったり、塩対応だったり、職人気質だったりするお店で、ハラハラ・ドキドキを味わいながら、複数のマリアージュを楽しむ。その名も「大人の野毛はしご酒ツアー」(夜呑み・マリアージュ)だ。

ちなみに「マリアージュ」とは、フランス語で「結婚」。料理とワインの相性が最高に合った時の口の中での核融合を示す。メルトダウンしてよだれをこぼさないことだけは、ご注意願いたい。

(2)当日のスケジュール

  • ①18:00:JRか横浜市営地下鉄桜木町駅集合
  • ②18:00〜20:00:はしご酒
  • ③20:00:解散(お店の都合で多少、遅れる可能性あり)

(3)はしご酒エリアとお店候補

野毛魚とワイン(野毛仲通り):「シーフードスタンド パチョレック ハナタレ」(横浜界隈に、魚とワインのhanatare等を展開するはなたれ系列店)の一本釣り。

お目当ては、波々を超越した「こぼれスパークリング白ワイン」に、新鮮極まりない「牡蠣」と「雲丹」とのマリアージュ。

出来れば、30分ほどでサクッと景気つけて、いよいよ、ハラハラ・ドキドキ野毛はしご酒ツアーのスタート!

hanatare

野毛串揚げバトル:「串揚げ北村」vs.「福田フライ

北村は関西風立ち呑みスタイルだが、カウンターには小さな椅子がある。じゃがいも、なす、れんこん、キス、ハムカツなど串揚げの種類は少ないが、ハッとするほど美味い。もちろん、タレの二度漬けは禁止。

一方の福田。椅子はなくカウンターのみ。同じく、串揚げの種類は多くないが、特徴あるのが辛いソースだ。ピリッと辛く、にんにくが効いて病み付きになる。

さあ、どちらを選ぶ?

どちらの店舗も入りにくく、気の難しそうな店主に、粗相して叱られはしないか、恐るおそる、顔色をうかがう必要があるかもしれない。ハラハラ・ドキドキだろう?

叱られる前に15分ほどで退散する。

野毛焼き鳥バトル:野毛と言えば、もつ煮込みか焼鳥だろう。「伸喜(しんき)」vs.「コッコ堂」の人気焼き鳥店対決だ

ハラハラ・ドキドキが続くのは職人気質の「伸喜」だ。半地下にあるカウンターだけのお店。食べログ100名店の「かわ」をご賞味あれ。売り切れ注意にもハラハラ。

一方の「コッコ堂」は野毛のワンダーランド「都橋商店街」の一階にある。もちろん、立ち呑み。お肉の大きめな焼き鳥とお代わり出来る「手作りジャムサワー」が美味い。大岡川沿いのピンクのネオンに、密かにドキドキ。

どちらも、待たずには入れないだろう。しかも、滞在時間30分で満足できるのか?!

野毛ワイン・マリアージュバトル:赤ワインでマリアージュと言えばチーズかステーキ。チーズの「ミルピグ」vs. ステーキの「野毛ビストロZip」でワインを堪能

ミルピグ」も都橋商店街の一階だ。チーズだけでなく、生ハムとワインのマリアージュも楽しめる。立ち呑み。

一方の「野毛ビストロZip」と「野毛ビストロZipテラス」でアルゼンチン牛ステーキと赤ワインのマリアージュを存分に楽しめる。ビストロだけにテーブル席あり。

マリアージュに酔いしれて、どちらのお店も30分で退店できる自信は全くないので、45分滞在を想定。

以上、お店が待たずに入れて、サクサク回れる前提で、ぴったり2時間の「大人の野毛はしご酒ツアー」(夜呑み・マリアージュ)は、いかがでしょうか?

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください